私が本命になれた方法、教えます

離婚を決意させる方法【不倫相手が離婚を決意する瞬間と具体的な作戦】

離婚を決意させる方法

 

なかなか離婚してくれないカレ。

言い訳とごまかしばかりで、だんだん不信感を感じてきていませんか?

 

前にも後ろにも進めない状態はツライし悔しいし、悲しいですよね。

 

カレさえ離婚を決意してくれたら、

きっともっと、頑張って生きられるのに。

 

 

世の中には様々な略奪愛の方法があります。

 

が、やはり相手のいること。

教科書通りに、恋愛指南書のとおりやっても、うまくいかない事があるものです。

 

それはなぜなのか。

 

ひとつ考えられる原因として、

それらは「カレの年齢」を考慮していないことが挙げられるでしょう。

 

年が違えば、恋愛や結婚に対する価値観も変わるもの。

それなのに一律の「離婚させる方法」って、ちょっとズレてますよね。

 

この記事では、

離婚を決意させる方法」をまるっと紹介。

 

年齢別での対応もありますので、より具体的にあなたのプラスになります。

 

1・既婚男性が離婚しない心理

 

2・既婚男性が離婚を決意する瞬間

 

3・年代に合わせた具体的な離婚のさせ方

 

4・【共通】離婚を決意させるポイント

 

サクラ

カレに当てはまるところを読むことで、きっとあなたにとって新しい発見があります

最後には、確実に離婚させる縁切りの裏ワザも紹介します

 

既婚男性が離婚を決意しない理由【決意させるために知るべき】

離婚 決意 させる 方法

 

まずは、なぜカレが離婚に踏み切ってくれないのかを考えましょう。

 

なにごとにも理由はあるもので、これをハッキリさせないといつまでも今の状況から抜け出せません。

逆に言えば、原因がハッキリすればあなたにも具体的な行動がとりやすいハズです。

 

多くの既婚男性が離婚に踏み切らない理由は以下の6つ。

 

  1. そもそも離婚する気がない
  2. 子供がいる
  3. 世間体が気になる
  4. あなたを信用しきれていない
  5. 奥さんの今後が心配
  6. 生活を変える勇気が出ない

 

順番に見ていきましょう。

 

そもそも離婚する気が薄い|奥さんも好き

 

いちばん最悪なのは、そもそも離婚する気がないとき。

 

口ではいくら「妻とは終わってる」「離婚する」なんて言っていても、

実際のところはわかったものではありません。

 

サクラ

これは不倫する方の常套句でもあります

 

あなたにイヤミを言いたいワケではありませんが、

リアルにこういった言葉に騙されて人生をムダにしてしまう方はいるもの。

 

この場合はどうあがいても離婚してくれない可能性が高いので、早めに諦める必要もあるでしょう。

 

カレの本気度に不安がある方。

相手の本音を知るにはこんなページがオススメです。

 

 

子供がいる

 

お子さんがいる場合、当然ながら離婚のハードルは高くなります。

「妻とは終わりにしたいが、子供には会いたい」という不倫男性は少なくありません。

 

気持ち的な問題はもちろん、

子供がいる状態で離婚すれば養育費もバカになりません。

 

会えないのにお金をとられる。

そんな人生にするくらいなら、いまのままお子さんが大きくなるまで待つ。

そんな選択肢を考えているのかもしれませんね。

 

世間体が気になって

 

結婚と離婚はふたりだけの問題ではありません。

同僚や上司、両親に親族に友達と、周囲を巻き込んだ騒動であることは言うまでもないでしょう。

 

とくに男性は世間体を気にする生き物。

「不倫相手と再婚」という事実を隠したがっていることも考えられるでしょう。

 

「奥さんはキライでも、離婚したら相手の親に顔向けできない」

そんな風に考えていて決意できない面もあるでしょう。

 

あなたを信用しきれていない|孤独になるのが怖い

 

離婚を決意できないとき。

それって実は、「離婚して本当に自分は幸せになれるのか」みたいな恐怖が根底にあったりします。

 

つまり、離婚したのち、あなたが本当に自分を愛してくれるかが不安なんですね。

本当に一生をかけて自分のそばにいてくれるか。

 

不倫をしてしまった以上、

カレは人の気持ちが変わることをしっています。

だから臆病になっているんです。

 

しかも、不倫というのはいいとこ取りの恋愛で、

カレはあなたにかっこいい部分だけを見せてきた可能性が高いでしょう。

 

「ありのままの自分を見たとき、幻滅されるんじゃないか」

「それならいっそ、このままのオレのイメージでいたい」

そんな気持ち。

 

あなたは、カレにどのくらい愛情を伝えていますか?

 

あなたの本気がカレに伝わっていないと、離婚を躊躇する原因になります。

なあなあにしていると、口には出さねどカレの気持ちに不安を植え付けてしまっているかもしれませんね。

 

奥さんの今後を考えてしまう

 

確かに好きなのは不倫相手であるあなた。

だけど、イコール「奥さんはどうでも良い」とはなりません。

 

いちどは結婚した相手。

その将来を憂いて、自分だけが幸せになろうなんて思えないのかもしれません。

 

「優柔不断」と言えば聞こえは悪いですが、

カレはそれだけ優しく、ちゃんと他人のことを考えられる人なのでしょう?

 

キライだとしても、相手の人生に責任を負うと約束した以上、

その責任をあっさり捨てるには相当な勇気が必要なものです。

 

生活を変える勇気が出ない|今後が怖い

 

子供にしても、奥さんの今後にしても、

言うなれば、人間は「いまあるものを捨てること」に大変な勇気が必要。

 

「現状維持バイアス」といって、

人間は不確定な未来よりもいまあるものを大事にするようにできています。

 

それは好き嫌いとかではなく、本能的に今の生活を守るようにできているもの。

 

●経済的不安

●社会的不安

●あなたに対する不安

 

「これ」といった原因こそなくても、

離婚を決意して生活を変えるのは、本能レベルで労力が必要なのです。

 

不倫相手が離婚を決意するきっかけ5つ【決意させる大ヒント】

離婚 決意させる 方法 きっかけ ヒント

 

しかし、そんな中でもちゃんと離婚してくれるひとだっているもの。

たくさんの不安がある中で、どうしてカレらは離婚を決意したのでしょう。

 

「離婚を決意したきっかけ」を知れたら、

離婚を決意させるヒントにもなるというもの。

 

ここからは、既婚男性がどんなときに離婚を決意したのかを紹介します。

 

もちろん「妻に心底嫌気がさしたとき」もありますが、

それはあなたにどうこうできる問題ではありません。

 

あなたがコントロールできるものだけに絞って5つお伝えしますね。

 

  1. 素の自分を受け入れてもらえたとき
  2. 相手を信じることができたとき
  3. 離婚せざるを得ない事情があったとき
  4. 経済的不安がなくなったとき
  5. 不倫相手がほかの男性にとられそうになったとき

 

素の自分を受け入れてもらえたとき

 

さきほども解説したとおり、

不倫中の男性というのは自分を100%見せていません。

 

だからこそ「不倫のままがいいんじゃないか」と不安でもあります。

そんな状況が変わり、あなたに「素の自分」を見せるようになる。

 

そんなとき、男性は居心地の良さを感じます。

「ああ、オレの理解者だ」「一緒に生きていける」と。

 

「女」としてから「パートナー」としてあなたを見れるようになったとき。

それでも一緒にいてくれると感じたとき。

 

男性はあなたとの人生を選択するようになるのです。

 

あなたを信じることができたとき

 

また、あなたの気持ちに不安が残っているなら、

それを確信に変えてあげるのも良いでしょう。

 

具体的には

●とにかく長く一緒にいる(待ち続ける)

 

●言葉や態度で愛情を伝える

 

●離婚に向けてサポートする

 

こういった行動で「ああ、この人は本当にオレとの将来を考えてくれているんだ」と感じさせる。

罪悪感も手伝い、カレは離婚に向けて決意を固めはじめるでしょう。

 

離婚せざるを得ない事情が発生したとき

 

具体的には「奥バレ」か「不倫相手の妊娠」ですね。

 

マイナスなきっかけですが、

「これを機にハッキリ奥さんに離婚を伝えよう」となることもあります。

 

ただし、あなたからアクションを起こしての「奥バレ」や「妊娠」はあまりオススメできません。

離婚を決意させる方法になる可能性もありますが、まったくの逆効果になることもあるから。

 

詳しくはこちらのページをご覧くださいませ。

 

 

経済的不安が消えたとき

 

離婚するときに頭をよぎるのは「経済的な不安」

ようは「離婚して慰謝料や養育費を払いながらやっていけるか」「いまの生活水準のままでいられるか」

 

こういった不安が離婚を決意できないことは多々あるもの。

お金についての不安がなくなれば、同時に離婚を決意してくれるかもしれません。

 

大変ですが、この場合はカレに依存せず、

あなたが自立してお金を稼ぐようになる必要があります。

 

「生活の基盤がある」

「奥さんより自立していて頼れる」

 

そう感じたとき、男性はいまの生活は自分のためにならないと感じるものです。

 

不倫相手がいなくなりそうになったとき

 

気持ちの面で言えば、

オトコが本気になるのは「とられそうなとき」です。

 

「離婚しなくても一緒にいてくれる」という気持ちがどこかにある。

だからこそ、カレは離婚してくれないという可能性はおおいにあるでしょう。

 

言ってしまえば「このままでもキープできる」ってどこかで思われてるんですね。

 

その余裕が崩れ去り、あなたが離れていきそうになる。

その瞬間、カレは焦ります。

焦って「いまさらだけど君がどんなに大切かわかった」なんて言うものです。

 

他に男性の存在を匂わせたり、

「離婚しなさそうだから諦めるね」と身を引いてみたり。

 

一歩間違えると「じゃあオレはもう諦める」なんて言われる原因にもなりますが、

そうなったらいずれにしても本気ではなかったのでしょう。

 

あなたがいなくなりそうな危機感を演出して、

それがきっかけに離婚を決意してくれるかもしれません。

 

【年代別】離婚を決意させる方法|不倫相手を別れさせる具体的ヒント

離婚を決意させる方法

 

それではここから、さらに具体的な「離婚を決意させる方法」について。

同じ「離婚を決意させる方法」といっても、カレの立場や年齢によってその手段は様々。

 

ここでは、不倫相手の年齢に合わせた離婚させる具体策をご紹介しますね。

 

年代別に見る離婚させるポイントは以下のとおり。

 

  • 20代→勢いと楽しさがカギ
  • 30代→キャリアを考え始める年代
  • 40代→「条件」と「癒やし」
  • 50代→共に時間を過ごせるパートナーとして

 

一緒に年代別の「離婚理由」と「刺激するべき離婚の爆弾」についてざっくりと挙げていきます。

それらをヒントにすれば、カレが別れに至るきっかけに気がつけるかもしれませんよ。

20代の離婚を決意させる方法

20代に多い離婚理由
●他に好きなひとができた

●性格の不一致や喧嘩、育児への不参加

●経済的な問題

●単純な浮気

20代が抱える離婚の爆弾
●満足に恋愛していないことが多く、好きなひとができると一気に家庭を顧みなくなる(性欲も高い)

●経済的に貧しい可能性が高く、精神的・金銭的に追い詰められている

 

10代後半~20代の結婚は「勢い」であることが多く、離婚へのハードルもそのぶん低いと言えます。

 

「好きだから結婚した」「できちゃったから結婚した」

恋愛の延長のような結婚が多く、性格が合わなかったりすると「まだ間に合う」という意識から離婚もスムーズなんですね。

 

年代的に「周りが遊んでるのに、どうして自分だけ育児をしたり、金銭的に困らなければならないのか」という不満もあるでしょう。

 

性欲も強く、

上手な不倫はできず、他に女性ができれば一気に家庭を顧みなくなるのが特徴です。

 

これらを考えると、20代の若いカップルを離婚させるなら、

以下のような方法が有効になってきます。

 

  • 一緒に夜通し遊んだり、ディズニーデートなどお金がかかるけど楽しい遊びに連れて行く
  • いかに「今なら別れてもダメージが少ないか」「若いウチの離婚はあるあるか」を言葉の端々に入れる
  • 奥さんより魅力的なセックスを心がける

 

サクラ

単純に「家より楽しい」と思わせ、外に連れ出しましょう

帰ってこない夫に業を煮やして、奥さん側が離婚を突きつけるケースも多いのが20代の離婚です

(夫にしがみつくほど稼いでいない場合も多い)

 

30代の離婚を決意させる方法

30代に多い離婚理由
●他に好きなひとができた

●性格の不一致

●DVやモラハラ

●積もった不満

30代が抱える離婚の爆弾
●浮気よりもモラハラや性格の不一致。「これ以上やっていけない」と思われると離婚

●相手家族との折り合いも問題になりがち

 

30代は「まだ子供」という感覚のひとも残りますが、

やはり多くの場合は「人生」について考え始める年代と言えます。

 

「これ以降、恋愛や転職ができないかも」という節目にもなるので、

離婚に至る理由も単純な浮気より「今後、オレはこのままでいいのか」という人生的な考えによるところが大きくなります。

 

また、双方の親が50~70代前後になってきますので、

「誰が面倒を見るか」などのお互いの家族問題があったりするのもこの時期。

 

子供がいる場合は手がかかる年齢。

 

そうなると、実は人生の折り返しにあたる30代というのは「離婚に踏み切るのが難しい年代」でもあるのです。

 

そんな中で離婚を決意させる方法としては、やはり「条件」が顔を出してきます。

 

  • 奥さんより安定した収入をアピール(カレが高給取りではない場合に有効)
  • カレの仕事を後押しするような女性になる
  • 「離婚するならラストチャンス」という事を伝え、焦らせる

 

サクラ

遊びたい気持ちと今後への不安、そして仕事への意欲など、若さと大人が交錯するのが30代

その中で離婚を決意させるには「まだ他にも人生がある」と感じてもらうことでしょうか

 

40代の離婚を決意させる方法

40代に多い離婚理由
●浮気心の再燃

●性格の不一致

●家庭に居場所がなくなる

●嫁姑問題

40代が抱える離婚の爆弾
●妻に相手にされず、家に居場所を感じなくなる

●恋愛は家にないので、外に癒やしを求める傾向が強くなる

 

まだまだキャリアを考える年代でもありますが、

もっとも顕著になってくるのが「癒やしとしての浮気」です。

 

子供も手がかからなくなってくる事が多く、

それまで働いてきた反動からか、家の外に暖かさを求めるようになるんですね。

 

奥さんに相手にされず、寂しさから浮気を始めるのもこの年代です。

 

しかし、いざ離婚となると

「築いた財産を持って行かれる」「妻が正社員ではなくなっていて、放っておけなくなる」「会社での立場が危なくなる」

という現実的な壁が立ちはだかります。

 

気持ちで言えば「いかに家庭にない癒やしを与えるか」

条件で言えば「いかに離婚しても経済的・社会的に負担が少ないか」

 

このあたりが離婚を決意させるキーワードになりそうです。

 

  • カレを男として扱い、家では味わえない自信を持たせる
  • 家庭的な面もアピールし、再婚を想像させる
  • 経済的な部分も相手によっては援助が必要

 

サクラ

家庭に抱える不満や疲れを聞いてあげ、

そのうえで離婚にのしかかってくる問題を解消させることが必要になりそうです

 

50代の離婚を決意させる方法

50代に多い離婚理由
●性格の不一致

●お互いに一緒にいるのが限界

●義両親の介護問題

50代が抱える離婚の爆弾
●お互いイヤな所しか目につかず、家にいるのが限界になる

 

常に「性格の不一致」は出てきますが、

50代ともなるとそれが最も顕著。

 

それまでずっと一緒にいたことで、

お互いが「一緒の空気を吸うのもイヤ」という状態になっているケースが多いそうです。

 

経済的な問題からの解放も離婚理由に出てくる年代です。

子供に手もかからなくなりますし、それまであった「老後の不安」も、近くなってきたことで現実的なシミュレーションができたり、年金の受給も視野に入ってきます。

「もう離婚しても大丈夫だろう」と思えるんですね。

 

「熟年離婚」が増えてきたのは、

ある意味50代~の離婚はハードルが低いと言えるからです。

 

とにかく相手に好きになってもらうことが直接的に離婚に繋がるでしょう。

 

  • 家庭的な面をアピールし、安心を与える
  • 「このままだと生涯奥さんの奴隷」と再認識させる
  • 「ふたりで人生の晩年を過ごしたい。今しかない」と訴える

 

【共通】離婚を決意させる方法

離婚を決意させる方法

 

さてここからは、すべての年代に共通する「離婚を決意した瞬間」について。

 

やはりどの年代を見てみても最も多い離婚理由は「性格の不一致」

要するに相手が嫌いになり、不倫相手が好きになったときでしょう。

 

それと「経済面」「将来への不安」

この3つがキーワードになってきます。

 

奥さんとの差別化は必須科目

 

常に奥さんとの違いをアピールするのは必須。

 

家庭に入りっぱなしの奥さんなら、

あなたは刺激的に外に連れ出してあげたり。

 

逆に、遊んでカレを構わない奥さんなら、

あなたは家庭的にふたりの穏やかな時間を演出したり。

 

気持ちだけで離婚はできませんが、

気持ちがなければ離婚に踏み切ることもまたあり得ません。

 

「オレはこの人と過ごす人生の方がいいんじゃないか」

そう錯覚させることは、やはり離婚を決意させる王道の方法と言えるでしょう。

 

離婚のハードルをとにかく下げてあげる

 

慰謝料や養育費、離婚後の生活の支援。

はたまた、離婚に関わる法律の知識や手続き。

 

これらの物理的な「離婚のハードル下げ」は思うよりも有効。

 

ただ手をこまねいて「別れてよ」では、やはり離婚に至らないんですね。

 

「離婚したあとの未来」を肌感覚で感じさせ、実際になにをすれば良いのかを一緒に考えていく。

現実から逃げがちな男性にとって、離婚を後押しすることもまた必須の科目となりそうです。

 

確かな縁切りで離婚を決意させる裏ワザ

 

わたしが妻子持ちのカレに離婚を決意させた方法【具体策、暴露します】

こちらの体験談でもあったように、カレの離婚に関して占いを使うことで、簡単に離婚を決意してもらえることもあります。

 

体験談のなかでは、占い師に「なぜ離婚してくれないのか」を聞き、

「なにをすれば離婚するのか」を教えてもらったことで、晴れてカレの本妻になることに成功しています。

 

やはり、表面的な「離婚しない理由」と本心は違うもの。

カレが言葉にできない理由があるからこそ、離婚を決意できないのでしょう。

 

世の中に理由のないことはありません。

あなたが知らない「カレの本音」を聞いてみることで、離婚させる方法がハッキリするかもしれませんね。

 

サクラ

離婚しない理由なんて突き詰めて言えば人それぞれ

占い師にカレの離婚を決意させるプランを聞いてみると失敗しないで済むでしょう

 

占い師の諸縁先生であれば、縁切りと縁結び祈願も行えます。

カレが奥さんをもっとキライになり、あなたの事が今より好きになってくれる術です。

 

本当はあなたの方がカレにふさわしいんですから、

それを縁結び祈願によって証明することも可能ですよ。

 

●カレの本心を知りたい

●奥さんとの仲を覗いてみたい

●本当に離婚するのか聞きたい

●いつ離婚するのか占いたい

●縁切りで奥さんと別れさせたい

●縁結び祈願で、カレにもっと真剣に愛してほしい

●今後の人生、幸せになりたい

 

そんな方は、こちらの記事が役に立つでしょう。

関連:【縁結びで略奪せよ】占いカリス|諸縁先生

 

離婚を決意させて、カレと新たな人生を

離婚を決意させる方法

 

10代や20代であれば離婚は勢いだけでも成立するもの。

しかし、これが30代、40代となっていくとそうはいきません。

 

それぞれの年代で、それぞれ離婚にのしかかってくるハードルは変わります。

 

「離婚の決意」というものは、ただ待っていればカレの中にできるものではないのです。

あなたがアクションを起こすことが、難しい離婚を成立させるカギとなるでしょう。

 

サクラ

このまま不幸になるのを避けるには、こんな記事もあります

いま、あなたがするべきことがどんどん分かるようになりますので、続けてこちらをご覧下さいませ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カレ、いつ離婚してくれる?
占い師に聞いてみませんか?
カレ、いつ離婚してくれる?
占い師に聞いてみませんか?