私が本命になれた方法、教えます

妊娠で略奪愛した人のその後|リアルな体験談3つ【不倫愛の末路】

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

1・カレの子供を妊娠すれば略奪できるんじゃないかと考えている女性

2・既に妊娠してしまい、略奪できそうだけど不安な女性

3・妊娠したあとでカレの既婚が発覚し、混乱している女性

 

こんな方に向けた記事になります。

 

要するに「妊娠きっけかの略奪愛」はうまくいくのか、それとも思いとどまるべきか、という話です。

とくに、既にお腹に命を宿してしまっていると不安が大きいですよね。

 

この記事では、実際に妊娠きっかけで略奪に成功したエピソードを3つ紹介。

そこから、うまくいく妊娠きっかけの略奪婚、うまくいかなかった結婚パターンなどを分析していきます。

 

 

先に申し上げておきます。

 

わたしは不倫愛を否定するポジションではありません。

関連:不倫愛を否定されてツライ人へ【反対されても無視して良い7つの理由】

 

しかし、こればかりは命の問題でして、まずもって「考え直せ」という否定的な記事となっております。

 

だけど、あなた様がしっかりと否定意見にも耳を貸せること。

それを願っての記事でもあります。

 

子供のために、あなたのために、

今の5分、しっかりごらんくださいませ。

 

妊娠から略奪婚した人のリアルな体験談

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

まずは、実際に妊娠を機に不倫が終わった方のエピソードを3つ。

これらはホントにあった出来事です。

 

注意
プライバシー等の観点から、一部内容は編集している事をご了承ください

 

計画通りの妊娠で結婚した

 

「前の職場で、同僚と社長が不倫をしていました。その社長は不倫常習犯で、そのときの奥さんとも、不倫の末の2度目の結婚だったんですよね。

そういった背景もあり、私の同僚の子も社長との結婚を狙っていたのですが、計画妊娠をし略奪婚に成功。

さすがに結婚と同時に職場を退職していましたが、すでに会社を辞めた私のところにはたまにLINEがくるんです。

家族写真などを送ってくるのですが、なんだか複雑な気持ちになります。不倫常習犯の社長は、今頃また不倫しているんだろうなって……」(37歳女性/団体職員)

【引用】https://news.ameba.jp/entry/20190314-1142

 

略奪婚するも3年経たず別居

 

私の仲の良かった友人の1人に不倫で妊娠発覚、相手が離婚、入籍、出産の順番で略奪婚した人がいます。

相手の奥さんからの慰謝料請求は友人にはありませんでした。不倫前から関係が破綻していたと主張しのらりくらりかわしていました。実際は、友人との不倫が原因でしたが。

この時点で私は説得もアドバイスも諦めました。
正直、聞いてるだけで不快でしたし。

前の奥さんは月々の養育費プラス持ち家のローン7割を負担することで離婚に同意してもらい、友人は「ちゃんと離婚してくれたでしょ。私を本気で愛してくれてる」と言っていました。

で、その友人の子は今は3歳になりますが、既に別居しています

【引用】https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12171298567

 

妊娠を告げた途端に手のひら返し

 

30代で上司の子供を妊娠しました。

 

カレはそれまでずっと「俺たちの子供ができたら可愛いだろうな」「子供ができたらどうしようか」などと、

 

子供さえできれば別れそうなセリフばかり。

 

でも実際に妊娠したことを告げると、あっさり手のひら返し。

 

「奥さんと別れる気はない」から始まり「1人で育てても良いけど認知はしない」「シングルは大変だよ。現実見なよ」

 

決定的な言葉は言わねど、遠回しな「中絶して」が続きました。

 

最終的には「中絶費用はお小遣いから毎月5000円払う」って言われました(まだ中絶を決めてないのに)

 

こんな状態で生み出す子供が幸せになれとは思えず、泣きながら中絶。

 

手術には立ち会ってもらえる約束でしたが、その5日前くらいからLINEもブロックされ音信不通に…

 

結局、お金もすべて自分で払い、1人で手術。

 

残ったのは痛みと悔しさだけでした。

 

不倫中に占い師の春華先生にカレの気持ちを聞いたとき

 

「あー、悪いけどあまり本気にならない方が良いと思う。この人、自分が可愛いだけ」って言われてて、

 

今思えばあの結果を信じていれば良かったなぁと思います…

 

妊娠きっかけの略奪愛はうまくいかない|3つの不幸

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

妊娠きっかけの略奪は、ほとんどうまくいきません。

ネットを覗けばさっきの体験談の他にも多くの人生模様を垣間見ることができます。

 

しかし「いま幸せです!」という声はほぼ見かけませんでした。

 

もちろん、不満があるからネットに書き込むワケで、0ではないと思います。

でも、あまりにも不幸な話が多く、やはり結論は「やめておくべき」という判断にならざるを得ないんですね。

 

実際にこんな体験談を見てみて、妊娠きっかけの略奪にはどんな不幸が待ち構えているのか。

よくある「不幸」について3つお伝えしていきます。

 

 

「よくある」ことですよ。

 

あっさり中絶を勧められる|不倫が終わる事も多い

 

これがもっとも多いです。

 

それまでは「子供ができれば」とか「奥さんとは別れる」なんて真顔で口にしていた男性。

でも、いざ子供ができれば逃げちゃうんですね。

 

男性側の覚悟なんてそんなものです。

 

中絶費用と慰謝料でももらえればまだ良い方で、

妊娠の連絡を機に、音信不通になる男性だって珍しくありません。

 

たった1人で中絶手術を受け、

残るのは痛みと悲しさ、天に還した子供への罪悪感だけ。

 

もしその後関係が継続したとしても、別れるのは時間の問題。

 

男性にあなたのケアをしている余裕なんてなく、

保身と家庭を守ることに目覚めるだけでしょう。

 

 

もっと最悪なのは、

中絶させておきながら、再び関係を持つ人もいるということ。

 

そんな男性の本音は「堕ろした?じゃあまたセックスできるね!」でしょう。

 

いずれにしても、

妊娠が発覚した段階で「じゃあ離婚しよう!」なんていう男性は多くありません。

 

繰り返す不倫

 

次に多いのは、やはり不倫の再発。

 

わたしは「浮気癖は治ることもある」と考えるタイプです。

しかし、妊娠きっかけはなぜか繰り返してしまう事が多いなという印象を受けました。

 

女性が「母親」になったとき、

男性はもう女性として見なくなると言われています。

 

不倫時代は楽しかったけど、お母さんになった不倫相手を見て、一気に気持ちが他に移ってしまうんでしょうか…

 

経済的な逼迫

 

そして、お金の問題。

 

もし仮にカレと結婚できたとしても、当然たくさんのお金がかかってきます。

慰謝料に養育費、自身の子供、出産費用…

 

まだ「金ならある」と言い切れる人のほうがマシなものです。

 

経済的に逼迫すれば誰だって心が荒み、余裕がなくなるもの。

 

いままでデートとして使えていたお金は子供に充て、

自分たちの稼ぎはすべて相手の奥さんと育児に費やされます。

 

そんな状態が続けばやはり破綻するもので、

「金の切れ目が縁の切れ目」を地で行く夫婦も珍しくありません。

 

失敗する妊娠きっかけの略奪婚|3つの特徴

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

続けて、失敗する略奪愛の特徴についてもまとめました。

 

1・妊娠を機に幸せになれると信じている

2・できちゃった婚

3・周囲に理解されていない

 

自分が同じ考えになっていないか、

同じ境遇になっていないか、いまいちどご確認くださいませ。

 

「子供ができれば変わってくれる」と信じている

 

さきほどの体験談の続きですが…

私を含め、周りは「今更わかったのか、、、」と思いましたが、当時は「彼と結婚し子供がいれば全て上手くいくかもしれないと信じたかった」と話していました

 

このように、

「子供さえ生まれればカレが変わってくれる」と盲信する女性は多いもの。

 

それはあながた悪いわけじゃありません。

 

誰だってカレの事を信じたいし、混乱している状況ではこれ以外に考えられないでしょう。

 

なにより、女性はそのお腹に命を宿した瞬間から「母親」になります。

 

 

でも男性は違います。

 

男性は育児をしていくなかで遅れて「父親」になっていくもの。

しかも、いつまでも子供のままでいる男性も少なくありません。

 

「妊娠への実感」

この男女の温度差が、女性が盲目的に未来を信じてしまう原因なのでしょう。

 

カレは急に変わったりしません。

 

計画性のない妊娠

 

もともと覚悟があっての妊娠なら良いですが、

誤解を恐れずに言うと、不倫にその覚悟はないのがふつう。

 

急に子供ができたって「は?オレの子?え、ちょっと待って、え…」というのが当たり前の反応なのです。

 

これもまた、カレが悪いわけではありません。

いきなり離婚して再婚→父親なんていう事実、誰だって戸惑いますからね。

 

こうした「できちゃった婚(?)」は、男性の本性を見るだけになりそうです。

 

理解を得られないままに生んだ場合

 

「1人ででも産んで育てていく!!」

 

一見するとシングルマザーでも良いという女性の覚悟に見えますよね。

 

でも、この覚悟が危険。

 

1人で育児をこなし、お金を稼ぎ、誰の協力も得られない。

そんな生活がたたって、虐待に走ってしまうニュースはありふれています。

 

周囲の協力と理解がなければ、人はひと1人まともに育てられないのです。

 

周囲の声に耳を貸さず、覚悟のような「意地」を持っていないか、

いまいちど振り返りたいところです。

 

サクラ

なにより、不倫男性にしてみれば「あ、じゃあ1人で育ててね」と言いやすくなるだけですしね…

 

妊娠からの略奪愛|結婚がうまくいくパターン

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

ここまで「妊娠きっかけの略奪はうまくいかない」というお話をしてきました。

でもわたしは冒頭でお話ししたとおり、なにも意地悪を言いたくてこんな長い記事を書いているつもりはございません。

 

大丈夫。

ちゃんとうまくいってる人もいますよ。

 

どんな場合なら妊娠からの略奪婚が幸せに繋がるのか。

どんな条件が必要なのか。

 

次はそれを見ていきましょう。

 

計画的な妊娠

 

最初の体験談にもありましたが、計画的な妊娠であれば、

飛躍的にうまくいく可能性が高くなります。

 

ここで言う「計画的」というのは、女性だけに限った話ではありません。

不倫相手の男性と、双方が計画したうえでの妊娠、という意味です。

 

まぁ、当たり前と言えば当たり前ですが。

 

相手が本気である

 

そして、当たり前と言えば「カレが本気であること」

こんな当たり前すぎる話はありませんが、それでもやはり話の核なのでお伝えしておきます。

 

そもそも妊娠きっかけで離婚する男性の特徴ですが…

 

  • もともと離婚秒読みだった
  • 男性が妻の不妊に対して不満を感じていた
  • 向こうに子供がおらず、離婚しやすい
  • 奥さんも離婚に前向き
  • または、ゴネられても解決できる資産がある

 

こんなところでしょうか。

 

そして、カレが本気だった場合の行動はというと…

 

  • 妊娠を告げても焦らない
  • 妊娠から離婚までが早い
  • あなたの側にいてくれる

 

といったところ。

結局は妊娠してみて、結婚してみてわかることばかりなんですけどね…

 

カレの本音とあなたの未来を知る方法

 

そうそう、カレの気持ちも未来も、

体験談にあった春華先生に聞いてみるのも方法です。

 

春華先生は占い師。

霊視を使った占いの的中率が高いことで有名です。

 

占いと言っても、無料の気休めではありません。

お金はかかりますが、それだけ本格的な当たる占いです。

 

占いはオカルト半分、科学的な根拠もあり、

カレの様子を客観的に判断したり、今後の未来についての可能性をはじき出すことができます。

 

妊娠したらカレはどんな反応をするか

●カレは本気で奥さんと別れる気があるか

このまま産んでも大丈夫なのか

●幸せな未来が待っているのか

●それとも、辞めた方が良いのか

 

そういった疑問をぶつけることができますし、

なにより、あなたを否定するような事は絶対にありません。

 

不安な気持ちを軽減するためにも、こちらの記事をごらんください。

不倫に最適|春華先生がカレの本音を言い当てる

 

妊娠で略奪愛はオススメしない|子供は不倫の道具ではない

妊娠 略奪愛 略奪婚 結婚

 

やはり結論は繰り返し。

妊娠きっかけは難しい問題が多く、できればするべきではないでしょう。

 

これから「カレの子供を宿してしまおう」と思ってる方は、どうか踏みとどまるようオススメします。

 

ただし、既にカレの子供がお腹にいる方。

その方には一概に「ダメ」とは言えません。

 

カレの態度、経済状況、周囲の声、

それらをしっかり総合的に考え、中絶か産むか、子供にとって「どっちが良いか」をしっかり考える事が大切。

 

混乱するお気持ちはお察ししますが、

それでも、冷静に判断できるきっかけになれば幸いです。

 

こんな記事を読むと、もっと今後について不安を消す事ができます。

続けてごらんください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。