私が本命になれた方法、教えます

浮気相手の誕生日を忘れるのは当たり前【セフレのバースデーを覚えてない理由】

寂しそうに座っている女性

 

『私はカレの浮気相手です。誕生日を期待していたけど、

おめでとうどころか、ラインひとつもらえませんでした…』

 

なんて、こんな悩みがわたしにもありました。

 

所詮は浮気相手、セフレだと思いつつも、

やっぱり意中の男性から誕生日をスルーされるのって辛いですよね。

 

なにも盛大に祝って欲しいとか、

そんな気持ちはありません。

 

でも、せめておめでとうの一言、ケーキの1つくらい欲しい。

せめて、1時間でいいから一緒に過ごしたかった。

 

こんな時、浮気相手としての立場をイヤでも現実として見つめなければならなくなって、

むなしくて、気持ちだって冷めてしまいそうになります。

 

 

この記事では、

 

1・カレが浮気相手であるあなたの誕生日忘れる理由

2・むなしい気持ちの乗り越え方(祝わせる方法も)

 

こんなお話をしていきます。

 

この記事を読めば、

カレの本音がわかり、カレがあなたの誕生日を覚えていなかったショックも和らぎます。

 

カレにもっと好かれることも可能ですので、

最後までゆっくりごらんください。

 

浮気相手の誕生日を忘れるカレ【覚えてないのは安心感の証拠】

誕生日の小さなキャンドル

 

最初に結論から言いますね。

 

『誕生日を覚えてないっていうことは、やっぱりその程度なんだよね。所詮わたしは都合の良い女でしょ?』

なんて思うかもしれませんが、それは間違いです。

 

男性は基本的に記念日や誕生日を重く考えていない

 

というのも、男の方は基本的に誕生日を重要視しておらず、

スルーしてしまうのはある程度普通のことだからです。

 

そういうの多いですよ。男の人は日にちとか覚えているのがめんどくさがって、どうでもいいと考える割合が多いそうです。それに対して女性は、記念日とか特別の日を覚えてて、大切にしてる傾向があるそうですよ。

【引用】https://www.toku-chi.com/pages/bbs/topic_detail.htm?id=1555853&listCount=50&page=1

ネットを見てみればこういった意見はホントに多く、

20代で3割、30代で約半数、40代以降にもなると大半の男性が彼女や奥さんの誕生日すら祝わなくなるんだとか。

 

とくに、幼い頃に両親に誕生日をお祝いされなかった方などはこの傾向が強く、

それは浮気相手だからとか関係なし。

 

もし仮にあなたがカレの本命だとしても、これは根本的な男女のズレなので、

今度は『彼氏が誕生日を忘れてました…』という悩みに変わるだけです。

 

人によるってだけなんですね。

 

 

もちろん、誕生日を大事にする人もいます。

 

だけどそういう人は彼女だろうが浮気相手だろうが友達だろうがペットだろうが大事にするもので、

人によって祝う、祝わないを変えているっていうことはありません。

 

あなたのカレは、祝わないタイプの人です。

 

本命をお祝いするのは義務感であることがほとんど

 

『でも、本命の彼女はちゃんと誕生日お祝いされてるし、人によって変えてるじゃない。

やっぱり、わたしとは違う扱いなんでしょ?』

 

確かに、彼女だけ祝うという人もいるでしょう。

 

ですが、じゃあお祝いしてもらえれば良いのかっていうと、そんな事もなさそうです。

 

こちらはマイナビウーマン様の記事より引用したもの。

『恋人の誕生日に急な仕事が入った場合、どちらを優先する?』というアンケートに対しての男性の答えです。

・「デートを選ばないと、『私なんかいなくてもいいんでしょ』病が始まり、あとあと何時間も、下手したら何日も暗い生活が待っているかと思うと、デートを優先せざるを得ない」(32歳男性/その他/事務系専門職)
・「年に一回しかなく、断ることで嫌な思いをさせてしまう」(29歳男性/自動車関連/販売職・サービス系)

【引用】https://woman.mynavi.jp/article/160408-21/

 

女性が『誕生日は大事だと思うからそっちを優先』というのに対し、

男性は『相手が怒るor気まずくなる』といった意見になっています。

 

これを見てもわかるように、お祝いしないタイプの男性にとって、彼女の誕生日は大事なイベントでもなんでもなく、

お祝いしないといけない通過儀礼』でしかありません。

 

自分が彼女の誕生日を大事だと考えているからお祝いするんじゃなくて、

『彼女が大事にしてるから、お祝いせざるを得ない』というのが本音です。

 

イヤだけど、仕事だからやらなくちゃいけない。

くらいのものですね。

 

『彼女の機嫌が悪くなったことがあって、その経験から仕方なく祝ってる』という人も珍しくありません。

 

素の部分を見れるのは浮気相手だけ

 

例えば、老年のご夫婦は半数以上が記念日や誕生日をお祝いしていません。

 

それはなぜかといえば、

祝わなくてもその関係でいられると確信しているからに他なりません。

 

義務的に誕生日を祝わなくちゃいけないっていうのは、

言い換えれば『祝わないと関係が維持できないという不安』の裏返しでもあります。

 

ご機嫌とりしないと付き合っていけないってことです。

 

実際、誕生日忘れが原因で別れるカップルもいますから。

それだけ脆い関係性なんですね。

 

本当に心から安心できる相手には、

素の自分。つまり「祝わない自分」でいることができるのです。

 

浮気相手って面白いもので、

時として彼女よりもカレの素の部分を垣間見たりします。

 

●性癖

●クセ

●金銭感覚

 

などなど、彼女だから建前で接する部分はホントに多い。

そう思いませんか?

 

 

彼女にはできないプレイ、彼女の前ではできないケチな素振り、

こういうのは、浮気相手であるあなたにしか見せません。

 

カッコつけなくて良い。

そんな安心を覚えているのは、彼女じゃなくてあなたなのかもしれませんね。

 

よく、雑に扱うようになった男性を揶揄して

『釣った魚に餌はやらない』

なんていう言葉があります。

 

でも、これって見方を変えたなら、

ありのままのカレをさらけ出しているっていう考え方にもなります。

 

お祝いしてもらえないのは確かに辛いけど、

それはあなたに対する信頼の証ともとれるでしょう。

 

覚えてるけど『忘れてた』としか言わないこともある

 

なかには本気で忘れる人もいます。

が、それと同じくらい多いのが、覚えてるのに忘れてたという男性。

 

これには大まかに分けると4つの理由がありまして、

1つはあなたの誕生日が彼女と過ごす予定とかぶったため。

 

彼女を引き合いに出すのは忍びないので、

忘れたっていうことで通そうというもの。

 

そしてあとの3つは、

「金銭的な問題」or「今後の宣言」or「祝うことをためらっている」になります。

 

金銭的な問題

 

現実問題、浮気というのはお金がかかります。

2人分のデート代、プレゼント代、ホテル代に交通費に食事代に…

 

浮気とはお金持ちの遊びでもあります。

 

お金がカツカツな男性は、

浮気相手に対して誕生日を『忘れてた』ということがあります。

 

『別にプレゼントなんかいらない。せめてラインくらい』

って思うかもしれませんが、そうはいかないのが男心。

 

先に申し上げた通り、

男性は誕生日や記念日をめんどくさがる傾向にあります。

 

だけど、逆に『やるときはドーンとやりたい』っていうのも特徴なんですね。

彼があなたになにかしてくれたときって、ガッツリお金かけてくれたりしませんでしたか?

 

そういう男性にとって、

『おめでとう』だけの誕生日なんてかっこ悪くて、やらない方がマシ。

 

忘れてた(0)か思いっきり祝う(100)か。

 

『ホントは覚えてるけど、派手にお祝いできないよ』

そんな意味合いが込められてるのかもしれません。

 

今後も祝う気がないという布石

 

1度誕生日を祝ってしまうと、

自動的に今後もお祝いすることになります。

 

それが嫌な男性は、

最初から『オレは誕生日とか気にしないタイプだから』とアピールすることがあります。

 

『忘れてた』っていうのは、

あなたが誕生日を祝わなくても問題ない女性かを見極めてる可能性があるのです。

 

今後を見据えてのことなので、

ある意味で最もショックな心理と言えるでしょう。

 

お祝いしていいかわからない

 

繰り返しですが、

男性はある程度、義務で誕生日を祝っています。

 

でも、義務にしてもなんにしても、

彼女の誕生日を祝うっていうのは普通のことですよね。

 

ただ、これが浮気相手となると、

なにが普通かわかりません。

 

『付き合ってるわけじゃないのに、誕生日なんて祝うのか?』

 

そう考えた男性は、やらない方がいいんじゃないかと考え始めます。

もともとやりたくない行事だと考えてたらそっちに寄っていっちゃいます。

 

自分から積極的に祝うのも気が引ける、

でも、誕生日は覚えてる。

 

そうこうしてるうちにあなたの誕生日が過ぎて、

『あ、忘れてた』と。

 

あなたが自分から一切アピールしていない場合、

彼は勝手に消化している可能性もあります。

 

誕生日を忘れてたカレへの対処法【むなしさを乗り越えるor祝ってもらう方法】

テーブルの上に置かれたワイングラスと食器

 

さて、こんな風にあなたの大事な誕生日をスルーされたとき、

今後の付き合いも考えちゃうし、気持ちも落ち込みますよね。

 

 

対処法ですが、

1つはもちろん別れること。

 

こういった男性は今後も誕生日をお祝いしてくれる可能性は少なく、

あなたから催促すれば途端に連絡が来なくなることも考えられます。

 

こればかりは考え方の合う合わないですので、

どうしても許せないときは別れるしかないでしょう。

 

 

では、『別れるまでは考えてない…けどむなしい』なんていう場合は?

 

選択肢は3つです。

 

そういうものだと切り替える

 

これは「浮気相手だから」っていう意味じゃなくて、

『そういう人だから』っていう意味です。

 

カレの考え方に合わせて、

とくに記念日やプレゼントは考えずにいるのも手。

 

男性にとって、記念日を気にしない女性は新鮮な存在です。

自分と同じ考えの、しかも少数派の女性は、「希少価値が高い女性」にうつります。

少数品や限定品は、レアで誰もが欲しがりますよね。それと同じで「自分と同じ」「男性の考えが分かる」と思われ、価値が高まるのです。

また、記念日に固執しない女性なら、よけいなケンカも起きません。

【引用】https://www.glitty.jp/2015/11/050273kinen.html

 

誕生日を負担に感じる男性にとっては、

義務のかかる彼女より、なにも気にしないあなたの方が大切な存在になります。

 

ちょっと強引だけど、

『お互いプレゼントとかでお金もかからないし』

とプラスに捉えてみては?

 

こっちからしっかりお祝いしてあげる

 

今回は仕方がないと考え、

カレの誕生日にはこちらからお祝いしてあげるのも手。

 

遠慮してる人なら、『あ、祝うのアリなんだ』と感じますし、

そうじゃなくても返報性の原理(もらったら返さなきゃという気持ち)があります。

 

ただし、本命の彼女にバレたりするとカレの負担になりますから、

その辺りは慎重にいきたいですね。

 

こんな記事が参考になりそうです。

関連:浮気相手の男性に贈る誕生日プレゼント7【彼女より喜ばれるために大事なこと】

 

本命になる

 

1番良いのは、本命の座につくこと。

 

彼女であれば誕生日をねだることもできますし、

当日でも他の女性のところに行く心配もありません。

 

浮気相手だからこそ、

誕生日を祝ってもらえない虚しさというのもあると思います。

 

本命になったら、

逆にどうでも良くなるかもしれませんね。

 

あ、でもカレは基本的に『めんどくさいな…』って思ってる可能性が高いですから、

ほどほどにしないと嫌われちゃいますよ^^

 

本命になる方法については、

当サイトをゆっくりごらん頂いたり、わたしの体験談も参考にして頂けますと幸いです。

 

また、占い師に相談することもお勧め。

 

勝ち目は普通にありますので、

どの道を選ぶかはあなた次第です。

 

誕生日を忘れるのは当たり前|浮気相手でもそうじゃなくても、その悩みはあります

大きな白いバラ

 

話をもう1度まとめますと、

 

●誕生日を忘れるのは性格や性別によるところが大きい

●受け入れるか、本命になるか、こっちから祝う

●どうしても合わないと感じるなら、別れもあり

 

今回言いたかったことは、

『浮気相手だから祝ってもらえない』というのは勘違いということ。

 

彼女の誕生日だって忘れちゃう男性もいますし、

だからといって大事にされてないと決めつけるのはあまりに早計なんですね。

 

別れるのももちろん選択肢ですが、

『こんな程度にしか思われてないから』

っていう別れ方は、ちょっとずれてます。

 

確かにお祝いしてもらうのがなによりですが、

今後もカレとやっていくなら、多少は折れる必要があるかもしれません。

 

こっちも読むともっとカレの事がわかります

 

誕生日は忘れるくせに、浮気相手に好きと言うのはなぜ

 

やられたら【本命の可能性大】な行動|誕生日を覚えてなくてもこれがあれば…

 

「お金を使ってくれるから本命」はウソ|男がセフレにお金をかける理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

本命になって誕生日プレゼントをもらう方法
略奪愛に強い占い師
本命になって誕生日プレゼントをもらう方法
略奪愛に強い占い師