私が本命になれた方法、教えます

「お金を使ってくれるから本命」はウソ|男がセフレにお金をかける理由

セフレ お金かける 本命 浮気相手

 

よく言いますよね?

「本命かどうかはお金のかけかたでわかる」って。

 

でも実際はそんなことありません。

 

「お金を使ってくれるから彼女より大切にされてると思ってたのに、結局振られた」

「お金をかけてくれたから都合のいい女じゃないと思ったのに、遊ばれてた」

 

そういう話はホントに多いです。

 

じつは男性は「セフレや浮気相手にこそお金をかける」という習性があるものです。

サクラ

「カレはわたしにお金を使ってるから安心」という方への警鐘を鳴らします

 

セフレこそお金をかける|本命じゃなく浮気相手にお金をかける男の本音

セフレ お金かける 本命 浮気相手

 

めちゃくちゃお金かけてくれても自分は浮気相手だったりする。ソースは私。

本妻には金をかけず、浮気相手に貢ぐ男もいるからね

「本命の彼女」と「奥さん」では違うかもしれないけど。

でも、お金をかける=愛情の分ではないような

【引用】https://girlschannel.net/topics/1458222/

彼女がいるひとと付き合って3ヶ月。ゼッタイに選ばれるという自信があったのに振られました

 

彼女とは家でご飯、プレゼントもほとんどしないと言っていましたが、わたしには食事・デート・ホテルとお金をかけてくれていました

 

間違いなく自分が大切にされてると思ってたのに、結局は本命のところに戻りました

 

意味がわからず、納得できません

 

ということで繰り返しですが、このように

 

「お金をかけてくれていたので、二股で自分が選ばれると思っていた」

「本命よりも大事にされているハズだった」

 

といった状況から、結局フタをあけてみたら本命じゃなかった。

そんな話はホントに多いです。

 

 

品のない話かもしれませんが、

やはり彼女と自分で比べて、よりお金をかけてくれていたらそれが愛情なのだろうと判断しちゃいますよね。

 

「本命にはお金も時間もかける」

これはお決まりの通説でもありますし、かけられないよりは使ってくれる方が嬉しいのは間違いありません。

 

でも現実はこの通りです。

 

いくらお金をかけてくれたからといって本命に選ばれるとは限らない。

それどころか、「浮気相手だからこそお金をかける」という見方もあるのです。

 

なぜ、本命は粗末な扱いで、セフレや二股相手は豪華な扱いになるのか。

男性に聞いたリアルな本音を5つご紹介します。

 

不憫な思いをさせているから

浮気相手(不倫相手)だからこそお金をかけます

理由としましては、彼女が居るのを知っているのに付き合ってくれているからです

浮気相手はどんなに頑張っても1番にはなれない、不憫な思いをさせているので、そのお詫びみたいなものです

 

浮気相手にこそお金をかけるのは、罪悪感のためという意見。

 

●本命にはしてやれない

●ガマンさせている

●寂しい想いをさせている

 

だからこそ、お金だけはムリしてでも払ってくれる。

お金で愛情の本気さをアピールしている。

 

一見するとカレの優しさにも見えますが、これってずるいですよね。

 

「金をかけてるんだから黙って都合のいい女になってろ。ガマンしておけ」

そんな言い分にも聞こえます。

 

実際、「このお金がオレの気持ちだ」と言われても、本命にはしてくれないワケですから。

 

非日常を楽しみたいから

浮気相手って外食なんですよ。非日常。だからお金をかける

 

でも、本命は家のご飯。家のご飯にお金はかけないけど本命でしょ?

 

浮気相手は非日常。

なので、イベントのような感覚でお金を使うという方もいます。

 

しかし、それはあくまで「遊ぶお金」

「大事だから喜ばせたい」というよりも、旅行にお金を使うような感覚なのでしょう。

 

長続きするつもりがないから

そりゃあ長く続いたらだんだんケチになってくると思うよ

 

最初から期間限定だと思ってるから

 

さきほどの「非日常だから」という理由と近いですね。

浮気はあくまで期間限定で、だからこそある程度サイフが緩くなっているということもあるでしょう。

 

「本命とは長く一緒にいるから、かけるべきとき以外は節約」

「浮気相手はそのうち会わなくなるから、お金をかけて楽しむ」

 

そんなところでしょうか。

 

手に入れるまではムリしてでも払う

なんだってするよ。最初のうちは

 

片道2時間でもかけつけたし、お金だって全部出してくれた

 

でも最初だけ。釣った魚になんとやらで、ずっと二股の相手だった

 

男性の恋愛はハンターですから、

気に入った女性を落とす為にはビックリするくらいの労力と財力を駆使します。

 

だけど、仲良くなったらなにもしてくれなくなるなんてよくある話。

「釣った魚にエサをやらない」なんて言いますが、その典型ですね。

 

カレがあなたに夢中になっているうちは、お金=愛情ではありません。

お金=ヤリたい度だと考えた方が良いでしょう。

 

好きでいてほしいから

金の切れ目が縁の切れ目っていうじゃないですか

 

お金が払えなくてみっともない姿は見せられない(本命なら見せる事もある)

 

都合のいい女にだけお金をかけるのは、

関係を繋ぎ止めておきたい、かっこ良く見られたいという下心があります。

 

あなたのためというよりは、好きでいてもらうためのパフォーマンスですね。

 

本命の女性というのは、カンタンに離れることはありません。

男性もそれを知っています。

なので、むやみにお金をかけなくても良いだろうと考えるのです。

 

でも、浮気相手やセフレはいつ自分から離れていくかわかりません。

プライドの高い男性は、自分がモテなくなるなんて許せないんですね。

だからこそ、本命は「絆」で繋ぎ止め、浮気相手は「お金」で繋ぎ止める。

 

あくまでそのお金は、自分をステキに飾るための手段なのかもしれませんね。

 

本命と浮気相手のお金のかけ方の違い|セフレへのお金の使い方とは

セフレ お金かける 本命 浮気相手

 

●罪悪感を紛らわせるため

 

●非日常をゴージャスに楽しむため

 

●長く続くつもりがないから

 

●落とすのに必死だから

 

●好きでいさせるため(格好いい自分でいたい)

 

これらが、浮気相手だからこそお金をかける理由。

 

この本心を理解していないと、

「あんなにお金を使ってくれたのに捨てられた」なんていう惨めな結末を迎える可能性があるのです。

 

 

しかしながら、一方で「お金=大切な本命」という図式は正しくもあります。

大事だからお金を惜しまない、それもまたひとつの真理です。

 

そうなると、わかんないですよね。

 

カレがあなたを大事に思ってるからお金をかけるのか、

それとも、遊びのためにお金を溶かしているだけなのか。

 

ここからは、同じ「お金をかける」でも、

本命とセフレなどの遊び相手に対するかけ方の違いを4つご覧に入れます。

 

自分のためか、相手のためか

 

浮気相手にお金をかけるとき、

それはあくまでも「自分のため」という前提があります。

 

さきほどの「浮気相手にお金をかける理由」ですが、

●罪悪感を紛らわせるため

●非日常をゴージャスに楽しむため

●長く続くつもりがないから

●落とすのに必死だから

●好きでいさせるため(格好いい自分でいたい)

よく見てみれば、これらは相手を思ってのことではありません。

 

●罪悪感を紛らわせるため

→本命にしなくて良いための免罪符

 

●非日常をゴージャスに楽しむため

→ぱーっとお金を使ってストレス解消したいだけ

 

●長く続くつもりがないから

→あくまでお財布に余裕があるうちにやめられるから

 

●落とすのに必死だから

→セックスのため

 

●好きでいさせるため(格好いい自分でいたい)

→自分に繋ぎ止めておきたいから

自分のためですよね。

 

 

本命にお金を使うときは、根本的に理由が違います。

「相手の喜ぶ顔が見たいから」です。

 

そのため、浮気相手のホテル代や旅行代は出すのに、プレゼントは贈らないなんてよくあります。

旅行やホテル、外食は自分が楽しめますが、プレゼントは完全に「相手のため」になるから。

 

サクラ

事実、わたしがセフレだった頃はあくまで「カレといるとき」しかお金を使ってくれませんでした

 

「誰のためにお金をかけているのか」

それをよーく観察してみると、あなたへの扱いが見えてくるかもしれません。

 

時間もかけてくれているか

 

お金よりも、男性にとって貴重なものは「時間」です。

お金をかけてくれるのはもちろんですが、それに加えて時間も使っているかが本命との大きな差。

 

デートは短い。でも食事代とホテル代は出してくれる。

これは時間を使ってくれていません。

 

プレゼントは安物だけど、サプライズのために何日も前からダンスを練習してくれていた。

この方が、やっぱり嬉しいですよね。

 

お金を積んで、やりたいことをやってさっさと終わり。

その究極は風俗店です。

あなたは、カレの風俗嬢になっていませんか?

 

痛むほどのお金を使ってくれているか

 

浮気相手にかけるお金というのは、

あくまでも自分のお金に余裕がある範囲までです。

 

本命には、懐が痛むほおのお金を使えます。

 

そういう意味では、

「いくら使ってくれるか」ではなく、

「給料の何割を使ってくれるか」ですね。

 

1000万円のうちの10万円を使ってくれたからといって、それはカレにとって安いもの。

でも逆に、20万円の給料から出してくれた10万円は大きな価値があります。

 

本命にかけるお金は、自分が痛くても払えるものです。

 

サクラ

もちろん、だからといってカレが苦しくなるくらい貢がせちゃダメですよ(笑

 

安いデートはあるか

 

本命はお金をかけたり、かけなかったりします。

浮気相手にはお金をかけ続ける傾向にあります。

 

さきほども「浮気相手にこそお金をかける理由」で解説しましたが、

男が浮気相手にお金をかけるのは非日常だったり、自分をよく見せるためだったりといったケースがほとんど。

 

●罪悪感を紛らわせるため

非日常をゴージャスに楽しむため

長く続くつもりがないから

落とすのに必死だから

好きでいさせるため(格好いい自分でいたい)

 

なので、浮気相手にお金をかける場合はひたすらそのスタンスを貫くんですね。

いつもデートにお金をかけるっていうことです。

 

お金に余裕があれば、高いお店でディナーなどもありですが、お金に余裕がなければ、吉野屋だってありえます

逆に言うと、セフレなら吉野家なんて恥ずかしくて行けない。でも、本気で愛している女性(もちろん、愛されてもいるという前提)なら、「お金が全てじゃないんだから」と、その時の事情に応じたデートやプレゼントになりますが、相互にわかりあえるはずだと思います

【引用】https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1472570929?

 

カンタンに言ってしまえば、

 

●本命はお金をかけることもあるが、節約デートもある

●セフレや浮気相手は常にお金をかけて飾る

 

こういう違いです。

 

不安なんですよね。

お金を挟んでいないと。

 

本命との関係には信頼関係があります。

だからこそ、お金をかけなくても良いし、かけても良い。

 

サクラ

悔しいけど、わたしの場合はそうでした。

本命になったいまは、牛丼屋さんに行く事が増えました(笑

 

お金をかけるから本命とは限らない|浮気相手やセフレでも男はお金を使う

セフレ お金かける 本命 浮気相手

 

もう1度お話をまとめますと、

 

●浮気相手だからこそお金をかけることもよくある

 

●大事にされてるから本命だと思っているのは危ない

 

●本命と浮気相手はお金のかけ方が違う

 

わたし自身、お金と時間をかけてくれていれば本命に近いだろうと考えていたことがあります。

でも、話はそう単純じゃないんですよね…

 

本命だからこそ、放置されている。

そんなケースは本当によくあります。

 

どっちが選ばれる?|占い師が言い当てた二股カレシの本命」の体験談でも、ぱっと見では本命は相手だと思われていました。

 

自信があるときほど危険。

 

「カレが本当はどっちが好きなのか知りたい…」

「このまま一緒にいて、本命に選ばれるのは…?」

 

そんな疑問をお持ちなら、体験談のように占いを利用するのも良さそうです。

不倫や二股、浮気相手としての相談なら人気の光樹先生が間違いないでしょう。

 

くれぐれも、本命になるまでは油断したくないですね。

 

 

サクラ

次はこんな記事をごらんください

読めば読むほど、カレの本命になる可能性が高くなります

関連記事

 

男が浮気相手にはしないことをしっていますか?これをされたら、本命だと思われてますよ

 

【どっちが本命かハッキリわかる】二股彼氏が選ぶ女の特徴を知っていますか?

 

浮気相手に好きと言う心理|お金をかけてくれても、好きと言われても油断できません

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カレの本心、聞いてみませんか?
カレの本命を確かめる方法
カレの本心、聞いてみませんか?
カレの本命を確かめる方法