私が本命になれた方法、教えます

結婚後に好きな人と両想いになったら、こうすれば良い【選択肢は1つだけ】

結婚後 好きな人 両想い

 

結婚後にも関わらず好きな人ができると、苦しいですよね。

片思いだってそうなのに、それが「両想い」って確信しちゃったら…

 

いますぐカレの元に行きたいし、

少しでも長く一緒の時間を過ごしたい。

 

その恋を手放したくない。

 

そんな風に悩んでいませんか?

 

でも、実際には家庭がありますし、パートナーもいます。

「じゃあ離婚するか」って聞かれれば、それも簡単ではないですよね。

 

こんなに好きなのに、お互い思ってるのに。

すべてを捨てたくなる気持ちと、踏みとどまる理性の間で、どうして良いか分からなくなっていませんか?

 

この記事では、「既婚者が両想いの相手に巡り会ってしまったらどうすれば良いのか」という事について。

私なりの答えを出していきます。

 

あなたのその苦しい迷いが、少し楽になるかもしれません。

焦って行動して、失敗してしまうリスクも減らせます。

 

3分で読めます。

あなたに得るものがありますから、必ず、最後までごらんくださいませ。

 

結婚後に好きな人と両想いになったら、まずは結論を保留して不倫するべき

夕焼けの中で見つめ合うカップル

 

結論はたった一つ。見出しの通りです。

 

すぐに結論を急がず、まずはその曖昧な関係を維持するべきです。

 

「どっちつかずの不倫関係のまま、一緒にいれる時はいれば良い」

そんな話ですね。

 

もちろん、お互いがしっかり両想いで、なおかつ、お相手がそれでも会ってくれて、

決して自分のパートナーにバレず、家庭を放棄せず…という様々な条件はありますが。

 

両想いの相手にハッキリ伝えても良いですし、

なんとなく、つかず離れずの距離を維持するでも良いと思います。

 

 

ずるいと思うかもしれません。

「そんな事はできない」「都合が良い」と思うかもしれません。

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

本当に、すぐに「諦める」か「離婚する」という結論を急ぐ事が正しいのでしょうか?

 

この手の話をネットでよく見ていると、

どうにもすぐ結論を出した方は失敗しがちですし、なんだかんだ、保留していた方が満足のいく結果を得ているように見えて仕方ありません。

 

サクラ

そしてわたし自身、いま振り返れば、2番手として生きていた時間は、あっても良かったのではないかと思うのです

 

結婚後にできた好きな人|そこから離婚を決めた理由【体験談】

この体験談でも、離婚を決めるまではある程度の期間が空いています(本人が望んだワケじゃないけど)

 

それは卑しくもないし、ずるくもない。

れっきとした「選択肢」だと捉え、そう決断するのも悪くないのです。

 

保留がもたらすメリットについて、3つご紹介します。

 

お互いの気持ちが変わる可能性|カレの全てと自分の感情を見届けることができる

 

ひとつめ。

ひとつめにして、最大の理由。

 

あなたのその激情が、一時のものなのか、あるいはずっと消えないものなのか。

好きなお相手は気持ちが変わるのか、変わらないのか。

相手の嫌なところはあるのか、それとももう全てが見えたのか。

 

そういった感情の変化や相手の本心、

今後の成り行きを見届ける事ができるという点です。

 

 

言うまでもなく、

その「好き」という感情は徐々に薄れていくもの。

 

当たり前に今がピークです。

 

わかってはいるはずなのに、

私を含め、なぜか人間は自分のこととなると、忘れてしまうように出来ているようです。

 

本当に大切なのは「気持ちが冷めたあと」だったりするのに。

 

これはあなたもそうですし、お相手にも言えること。

お互いある程度気持ちが落ち着いたとき、見える景色というのは同じなのでしょうか。

きっとそんな事はありませんよね。

 

本当に怖いのは、

「キスだけ」とか「手を繋いだだけ」なんていう段階で、本当に好きだと思い込むこと。

 

行くところまで行ってないのに、

自分の気持ちも決めつけ、相手のすべてをわかった気になってしまうことです。

 

 

「いますぐハッキリさせる」

「しっかり覚悟を決める」

「相手を傷つけないように」

 

そんな風に言えば、耳に心地良いかもしません。

 

でも、実はそれは見方を変えたら、

 

あなたが楽になりたいだけではないでしょうか。

 

本当は「気持ちが変わること」なんて、私たちは知っているハズですから。

 

だからこそ、

 

本当にお互いが大好きなうちに、一緒になる道を選びたい。

もしくは、これ以上気持ちが下がらないうちに、逃げたい。

はたまた、すべてを見るのが、怖い。

 

曖昧な状態のまま、相手と自分の気持ちの変化を見つめていく。

それは案外キツくて、無意識に結論を急いでしまうのかもしれませんね。

 

でも、激情にまかせて選択を急ぐことは、

変わりゆく気持ちを見ようとしない行為にもなり得るのです。

 

 

3ヶ月もしたら、どっちかの気持ちが冷めるかもしれません。

カラダの関係になった途端に、カレが逃げることもあり得ます。

相手の嫌な所が見えてから、自分の家庭と天秤にかけた方が、正しい判断ができるハズです。

 

これは、あなたの感情がウソだとか、相手が本気じゃないとか、

そんな嫌味を言っているワケではありません。

 

誰でにでも起こりうる、普通の出来事のお話です。

 

諦めるにはもったいない|両想いになれる確率

 

「じゃあ、今のうちに諦めちゃえばいいじゃないか」

「これ以上好きになったら取り返しがつかない」

「実際に離婚なんてできやしないし、もう会わない方がいい」

 

どうせ冷め行く感情であれば、こういった選択肢が良いようにも思えます。

でも、ここでの結論は「とりあえず関係を持とう」です。

 

なぜかって?

 

だって、せっかく両想いになったのに、身を引くっていうのも、もったいないじゃないですか。

 

これがふたつめの理由。

 

クズみたいな発言に思えるかもしれません。

でも、人間なんてそんなものですし、それがやっぱり本心です。

 

スパッと諦められるなら、もちろん諦めた方が良いでしょう。

そのくらいの想いであれば。

 

でも、そうじゃないんですよね?

 

諦めたくても諦められなくて、どうしたらいいか迷ってる。

 

だったら、冷めるか、どうにもならないところまで一緒にいたら?

行くところまで行ってみて、それから考えればいいじゃない。

 

こういう話です。

 

 

好きな人ができて、その人もあなたを想う確率。

つまり両想いになれる確率って、知ってますか?

 

およそ400分の1。

0.25%だそうです。

 

パートナーがいてもなお…ということを踏まえたら、もっと低い確率かもしれません。

 

今後、そんな出会いはないですよ?

 

そんなに好きになれる人、今までいましたか?

 

普通、重大な結論ってういのは、

もっと時間をかけてするものです。

 

そう考えたら、そんな運命的な相手をすぐに諦める方が、ちょっとおかしいのかもしれません。

 

離婚に関する準備も進められる

 

最後は、ちょっとリアルなメリット。

 

時間をかけて決断していくなかで、

「やっぱり好きな人と一緒にいたい…」なんて、離婚を選ぶ方もいるでしょう。

 

しかしそうなると、やっぱり色々と大変です。

 

「なんて言おう…ただ『別れて』じゃ通用しない」

「離婚して、その後どうやって生きていこう…」

「スムーズに離婚できなかったら、どうやって立ち回ると良いんだろうか」

 

気持ち的にも現実的にも、

離婚に関する準備や覚悟を固める時間にもなります。

 

不倫がすでにバレている方は、

慰謝料なども考えなくてはいけません。

 

ありとあらゆる面で、時間をちゃんとかけ、

自分に不利がないよう、お互いにとって円満になるよう、身の振り方を考える事ができる。

 

保留することは、

今後あなたが幸せになれる可能性を高める行為でもあるのです。

 

結婚後に好きな人と両想いでも、答えを焦らないで

結婚後 好きな人 両想い

 

もう一度、「両想いの相手とは、結論急がずに保留」というわたしの主張の根拠をまとめます。

 

  • 冷静になったとき、それでも一緒にいたいか、自分の気持ちと相手の変化を見極める
  • 両想いになれる相手なんてそうそういない。すぐ諦めるのは早すぎ
  • 離婚に関する問題について時間をかけて準備できる

 

いろいろとお互いの立場や感情、お互いの家庭の事情もあります。

 

なかなかそうはいかないかもしれませんが、

もし今あなたが、用もないのにムリに結論を急ごうとしているなら、この考え方はあっても良いのではないでしょうか。

 

「もう離婚して一緒になりたい!」

「もう諦めて会わないようにした方がいいかも」

「迷ってるけど、どうしたら…」

 

なんていう具合に、あなたの気持ちの問題だけならね。

 

婚活でもなんでも、相手を見極めて、「本当にこの人でいいのか」っていう時間はありますよね?

それなのに、なぜか不倫などのお相手に第三者がいるケースだと、妙に焦って結論を急ぐことがあります。

 

わたしがそうだったから、なんとなくそう思えます。

 

せっかく両想いになれた、大好きな人。

 

今後どうするかを考える前に、

まずは今目の前にいるその人との時間を大切にしてみてはいかがでしょう。

 

その後で、

「やっぱりこの人といたい」と思うのか、「家庭に戻ろう」という気分になるかを考えましょう。

 

どんなに燃え上がる恋でも、1~2年で落ち着いてくるとされています。

そうなったとき、それでも一緒にいたいと思えるなら、離婚を考えても良いかもしれませんね。

 

「こんな状況なら、好きな人の元に走って良い」

そんなケースについては、「仮」の記事でまとめてあります。

 

サクラ

冒頭でもご紹介しましたが、

あなたと同じように、結婚後に好きな人と両思いになり、そのまま離婚に踏み切った方の体験談もあります

関連:結婚後にできた好きな人|そこから離婚を決めた理由【体験談】

 

こういった記事と、そして今後の自分。

それを見つめ、ちゃんと考える。

 

それこそが、「リアルに幸せになるための方法」なのかもしれませんよ。

 

あなたとカレ、この先どうなるか、今知る方法

 

「そんな関係は拒否されてしまう」

「でも、すぐに離婚なんて決められない」

「自分がどうしたいかわからず苦しい」

 

そんな方は、占いを使って、いますぐアドバイスをもらうこともできます。

 

●カレと自分は本当に両思いなのか

●離婚するべきか、やめておくべきか

●今後、こんなに好きになる人には会えるのか

 

こんな疑問を解決することができます。

 

もちろん無料とはいかないかもしれません。

ですが、当たり前に無料の遊びでもありません。

 

ご自身では判断がつかず迷っている方は、

こちらの記事を参考にしてみると良さそうです。

占いヴェルニ春華先生があなたの迷いに答えます

 

 

カレとの今後を考えるために大切な関連記事

 

こちらもあなたのためになる記事です。どうぞ続けてご覧下さいませ。

結婚後に好きな人ができても、告白しちゃった方が良いですよ

結婚後に好きな人ができたら、離婚するべきだと思いますか?

結婚後に好きな人とキスしてしまった【私はどうしたらいいのでしょう】と悩むあなたへ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カレとあなた、今後どうなる?
ふたりの未来を知る方法
カレとあなた、今後どうなる?
ふたりの未来を知る方法