私が本命になれた方法、教えます

離婚待ちの不安|辛いキモチを乗り越える6つの方法【疲れた人へ】

不安そうな一人の女性

 

世の中にはいろんな「待つ」があり、あなたもこれまでの人生でいったい何度待ったことでしょう。

受験の合否を待ち、就活の通知を待ち、宝くじの発表を待ち…

 

でも、そんなあなたの人生の中で「離婚待ち」ほど辛いことはなかったと思います。

 

多くの場合、待つことは期限がハッキリ決まっていて、

その日が来ればイヤでも結果がわかり、もう待つ必要がなくなりますから。

 

でも、カレの「離婚するから」には期限がありません。

いったいいつまで待てば良いのか、その合否も読めず、未来は真っ暗。

 

半年、1年、3年…

気がつけば「もういいや」と捨てるには、あまりに長くなってしまったカレとの時間。

 

心のどこかではカレの嘘を疑いながらも、どうしても別れられず。

 

不安

 

どうすれば、その離婚待ちの不安を乗り越えることができるのか。

はたまた、もうカレを待たない方が良いのか。

 

離婚待ちの辛い不安を乗り越えるマインドや、

いまあなたがとるべき行動などについてお伝えします。

 

この記事を読むと、その出口の見えないトンネルに、少しだけ光が差し込みます。

 

この先5年の人生をむなしいものにしないため、

今の5分、しっかりごらんくださいませ。

 

【不安は現実に】離婚待ちするデメリット

ひび割れたガラスと膝を抱える女性

 

離婚待ちするデメリット、これを一言で表すならやはり「時間」です。

 

普通の恋愛ができたかもしれない時間。

結婚相手が見つかったかもしれない時間。

カレにかけてきた時間。

 

傷つくのを恐れ、カレを待つという状態から動けなくなる。

そして負のスパイラルに陥り、さらに時間を失う…

 

これらはもちろん、

不倫というのは一般の恋愛の中で「成長させるべき部分」も失うとされています。

 

対等に向き合う恋愛に比べ、不倫は「いいとこ取り」

 

二人が会えない寂しさや衝突に関しては「結婚しているから」「子供がいるから」という問題にすり替えるクセがつき、

二人で乗り越える問題を直視しないようにできているものです。

 

結果的に、未熟な恋愛観のまま歳を重ね、

不倫をする人は再び同じような恋愛しかできなくなってしまうそう。

 

これまでカレを待ち続けた時間に加え、

もしカレがいなくなったとして、その先まともな恋愛をする時間すらも奪ってしまう危険があるのです。

 

とはいえ、未来の話をされてもピンと来ないですよね。

 

そもそも、いま不安なワケですし。

 

じゃあ、離婚待ちする目先のリスクはどうでしょう。

 

目先の問題で言うと、

なにより「カレの心変わり」があるでしょう。

 

最初はホンキで離婚するつもりだったカレも、

いつしかその状況に甘んじて、なぁなぁになって、スムーズにいかない離婚を放り出す。

 

人の感情はいつか落ち着くものですから、

カレがあなたに対する情熱を失うのも、また自然な流れです。

 

一時は不仲になった夫婦だって、

だんだん落ち着いた関係になっていくこともあるでしょう。

 

また、離婚にかける時間が長くなりすぎると、

相手の奥さんが浮気の証拠を集め続けてしまったり、離婚に関する知識を身につけたりして、なおさら良い事はありません。

 

(実際、途中で不倫が発覚して奥さんの出方が変わり、離婚に至らなかったケースもあります)

 

  • いままでの時間を無意味にするリスク
  • カレが心変わりしてしまう危険
  • 立場が悪くなり続ける可能性
  • 未来、まっとうな恋ができなくなるデメリット

 

不安なあなたをさらに追い込みたいワケじゃありません。

 

ただ、離婚待ちをするデメリット。

これを少しでも考えておかないと、孤独なおばさんになってしまう危険は本当にある、っていうことだけは考えておきましょう。

 

それが悪いとは言いません。

わたしだって似たようなものでしたし。

 

でも、

とにかく…

 

今なんです。

 

待ってて良い事は1つもありません。

 

離婚してもらうなら、なるべく早く。

別れを決意するなら、なるべく情が薄いうちに。

 

そうじゃないと、時間もカレの気持ちも、お金も未来も、失うかもしれません。

 

離婚待ちの不安|辛いキモチを乗り越える6つの考え方と行動

赤い砂時計

 

では、具体的にあなたはいま、どうするべきか。

ただ「信じて待つ」なんてのはおとぎの話です。

 

受け身でいたら、カレの心変わり1つで、

「やっぱり一緒にはなれない」なんて言われてゲームオーバー。

 

あなたの不安をどう乗り越えて行くか。

6つのステップでお話ししていきます。

 

カレのホンキを今いちど確認しよう

 

カレが本気で離婚するつもりなのか、もう一度しっかり見つめます。

 

これ、きっと誰に聞いても、どこのサイトにいっても、同じように言われていますよね。

「そんなこと分かってる!!」「もう聞き飽きた!!」って思いませんか?

 

でも、それだけ大事で初歩的で、

多くの人が見極められないポイントなんだと思います。

 

現実には離婚する人としない人がいて、

それでも、その人たち全員が「カレは違う」って思ったハズなんです。

 

だから、何度でも繰り返します。

 

カレは、本当にあなたとの未来に向けて「行動」していますか?

 

行動がなければ、正直もう諦めた方が良いです。

口だけで1年も3年も動かない人は99%離婚しないです。

 

「離婚しようと思ってる」なんてセリフは、

「いつかお金持ちになりたい」っていうのと同じくらいふわーっとしています。

 

まずは「カレが離婚に向けて具体的に行動しているか」

これをしっかり考えましょう。

 

  • カレが強引に奥さんと別居を開始した
  • 離婚調停が始まった
  • 離婚届を手渡した

 

このくらい行動して、あと一歩で離婚が成立する状態。

 

これを「離婚待ち」といいます。

 

連絡はしない・会わない

 

離婚待ちの期間は、ゼッタイに会ったり連絡したりしてはダメです。

 

理由は2つありまして、

1つは言わずもがな、離婚に不利になってしまうから。

 

そしてもう1つは、カレの本気が測れるからです。

 

会えなくなってなお、あなたのために行動してくれるのか。

それとも、そのまま音信不通にされるのか。

はたまた、なんだかんだ言い訳して会おうとするのか。

 

ここで軽率に逢瀬を重ねてしまうと、

カレの中では無意識に「離婚しなくても会える女」という図式になってしまいます。

 

そうなるとわざわざ手間をかけて離婚する理由もなくなりますから、

わざと音信不通にすることで、カレを追い込むという効果もありますね。

 

離婚待ちの期間|長くても1年

 

一般的に、離婚が成立する期間の目安は以下のとおり。

 

協議離婚(普通に話し合い)長くて3ヶ月
調停離婚(裁判所を通した離婚)1年~泥沼化すると5年以上

 

ハッキリ申し上げますが、

期間としては、具体的な行動を起こしてから1年が目安です。

 

3年とか5年が経過してから離婚が成立するケースももちろんありますが、

その場合は「奥さんに見捨てられた」とか「お金がなくなって切られた」といった感じになり、迎えに来てくれたワケじゃありません。

 

とてもじゃないですが略奪愛なんていう言葉は当てはまらなくなり、

「おこぼれを預かる」といった結果になってしまうでしょう。

 

それでもまだ、一緒になれただけ待った甲斐はあるかもしれません。

そもそも、1年を超えると離婚そのものが成立しないケースが大半です。

 

「あと1年」

「子供が成人したら」

「あと1年」

「貯金ができたら」

「あと1年」

「情があって」

「あと1年」

「奥さんがおかしくなって…」

 

この繰り返しにハマる前に、きっちり1年。

どんなに長くても2年くらいを目安に、ボーダーラインをはっきり決めましょう。

 

しっかり働いて貯金しておく

 

離婚したら、一にも二にもお金がかかります。

お金の不安や今後の暮らしへの不安から離婚に踏み切れない方も多いでしょう。

 

(しかも、恥ずかしくてあなたに言えない事も多々あります)

 

離婚後の生活をサポートするという意味でも、

お金があって困ることはありません。

 

離婚したあとに困窮するのか、大手を振って新しい生活に飛び込めるのかでは、

離婚にかけるエネルギーも「早く成立させよう」という意気込みも変わってきますよね。

 

無理のない範囲で、

カレとの生活がスムーズに始められる準備をしてあげましょう。

 

家にこもっていても暗い気持ちになりますし、

ネットを彷徨うよりも建設的です。

 

他の男性にも目を向けてみる

 

ちなみに、音信不通にしている離婚待ちの間、

個人的には他の男性とも遊んでみて良いのでは?とも思います。

 

なにも体の関係を持てとかそういう意味ではなく。

 

ドライな考えかもしれませんが、

カレ以外の男性に可能性を持っておくことはリスクヘッジ(分散)にもなりますよね。

 

カレだけを一途に待つのは…やっぱり不安です。

 

だから、その間にステキな出会いがあればくらいの気持ちで、

お見合いや婚活に積極的に参加してみても良いのではないでしょうか。

 

同時に、カレの中に「焦り」を生んでくれるかもしれませんし。

 

案外、他に好きな人ができたら、

「なんであんな人待ってるんだろ。バカバカしい」って思えるかもしれません。

 

占いで未来を聞いてみる

 

わたくしごとですが、

私も浮気相手として9ヶ月生活し、その間は地獄でした。

 

9ヶ月で地獄なんだから、

もっと長い離婚待ちはホントに不安なんてものじゃないと思います。

 

そんなわたしを救ったのは、占いでした。

 

浮気相手から本命になった私【9ヶ月でセフレ女から昇格した軌跡】

 

占い師に「あと3ヶ月で状況が変わる」っていわれて、

実際にその通りになった、という流れです。

 

きっとあの言葉がなかったら私は不安で不安で仕方なかったし、

途中で自分からカレを投げ出したかもしれない。

 

お世話になった諸縁先生はハッキリと「カレが離婚する時期」を教えてくれます。

また、本当に離婚が成立しやすくなるよう、願掛けもしてくれます。

 

あるいは、カレが離婚しないという未来を知ってしまうかもしれません…

 

それでも、この先あなたにどんな未来が待ってるかを知れたら、

きっとその不安な気持ちは消えます。

 

もしカレじゃないとしても、

新しい出会いがあるってわかれば、きっぱり別れる勇気も持てますしね。

 

気休めって言われたらそこまでなのかもしれないけど、

こんなツールを使って不安な気持ちを乗り越えてる人、多いようですよ。

最強|略奪愛を叶える占い師【カレはいつ離婚するのか】

 

疲れ切る前に|離婚待ちの不安を見つめ、具体的にプランを決めよう

白い花と笑う女性

 

  1. カレの本気を「行動」から考え直す
  2. 期間を決め、連絡はしない
  3. 準備を整えつつ、他にも目を向ける余裕を

 

こんな所です。

 

離婚待ちって、時間が長くなればなるほど悪循環にハマりやすいですよね。

「もうどうでもいい」って思いつつも、やっぱり手放せないカレとの関係。

 

それはきっと、心のどこかでやっぱりカレがいいからなんだと思います。

 

無責任かもしれませんが、

言いますね。

 

大丈夫です。

カレを信じて待っててください。

 

あなたよりカレに似合うステキな女性はいません。

 

きっと、そうやって強く信じる心こそ、カレを動かすのではないでしょうか。

 

関連記事

 

ずっと別居中なのに奥さんと離婚しないカレ【さっぱり別れさせる方法】

 

幸せになれない略奪婚とは【うまくいかない人に共通する原因】

 

W不倫|既婚者と会えない時間【孤独な休日でも寂しくならない方法5つ】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

離婚待ちの不安をスッキリできます
カレとあなたの未来を占う
離婚待ちの不安をスッキリできます
カレとあなたの未来を占う